検査の解説 

トップ > 検査の解説
総ビリルビン、AST、ALT、γGT、ALP
主に肝機能をあらわします。肝臓に障害があると高くなります。筋肉の障害で高くなることもあります。
脂肪肝やアルコール性肝障害、ウイルス性肝炎などの時に高くなります。
AST、ALTが30を超えると肝臓細胞の障害が疑われます。
LDH
いろいろな内臓や組織の障害があるときに高くなります。
悪性腫瘍や肝炎、貧血など様々です。
総コレステロール、LDLコレステロール、中性脂肪
これらが高いと、動脈硬化が速く進み、心臓病(狭心症、心筋梗塞)や脳硬塞などのもとになります。肥満や食生活、運動習慣や体質的なことが、高くなる原因になります。
HDLコレステロール
善玉コレステロールといわれ、動脈硬化を防ぎます。低いと良くありません。
肥満や運動不足や喫煙などで低くなります。
総タンパク、アルブミン
栄養状態が悪いと、低くなります。
尿素窒素、クレアチニン、推算GFR(糸球体ろ過率)
腎機能が悪くなると、これらが高くなります。
慢性腎炎や高血圧、糖尿病がじん臓の障害の原因になります。
推算GFRが60以下になるとじん臓の働きが悪くなっているおそれがあります。
尿酸
尿酸が、高いと痛風や心臓病などの原因になります。じん結石が出来る元にもなります。
肥満やアルコール、体質的なことで、高くなります。
ナトリウム、カリウム、クロール
腎臓の病気などの時に高くなったり低くなったりします。
空腹時血糖、HbA1c
糖尿病の時に高くなります。HbA1cは、1ヶ月間の平均的な血糖の状態をあらわします。
アミラーゼ
すい臓の炎症や唾液腺の異常の時に高くなります。急性膵炎などがあり得ますが、基準値を超えていても、必ずしもすい臓の病気でない場合も多いです。
赤血球数、ヘモグロビン、白血球数など
貧血など血液の病気が、わかります。
CRP
炎症の病気がある時に高くなります。
RF
リウマチなどの時に高くなります。ただし、リウマチでない場合も高くなることがあるので、これだけでは確定しません。
尿検査
腎臓の障害などをチェックします。
尿タンパクや潜血が陽性の場合は、腎臓の病気に注意が必要です。
身体測定
BMI(体格指数)は、身長から見た体重の割合です。
体重(kg)÷身長(m)の2乗であらわされます。標準は、22です。25以上は、肥満と判断します。
肥満は、高血圧や糖尿病、動脈硬化などいろいろな病気の元になります。
血圧
120/80mmHg未満が、理想的な血圧です。
血圧が高くなるにしたがい、脳梗塞や脳出血、心臓病などを起こしやすくなります。
血圧が高めの時は、130/80未満を目標に注意します。
塩分の取り過ぎに注意したり、運動を心掛けます。
肺機能
肺活量や息を吐く速さが、わかります。
肺気腫や気管支喘息など肺の病気で、数値が、悪く(少なく)なります。
心電図
不整脈や心肥大などが、わかります。高血圧や心臓病の時に異常があらわれます。
ただし、狭心症などは、安静時の心電図だけでは、必ずしも異常があらわれないことが多いです。
胸部レントゲン
肺の病気や心臓のおおよその大きさなどが、わかります。
肺がんの検診には、下記のCT検査の方が、優れています。
マルチスライスCT検査
胸部から、腹部の上部の断面を見ます。
胸部では、肺がんや結核など肺の病気が、わかります。
腹部では、肝臓や腎臓の腫瘍、膵臓の腫瘍などが、わかる場合もあります。
また、腹部の脂肪の量(内臓脂肪)も直接わかります。
胃の検査(胃バリウム検査または、内視鏡検査)
食道がんや胃がん、胃潰瘍などが、わかります。
早期胃がんの発見のためには、内視鏡検査の方が優れています。
オプションのBLI検査を使うことで、食道がんを見つけやすくなります。
便ヘモグロビン(大腸がん検診)
便に含まれる微量の血液を検出します。
結果が(+)の時は、大腸の精密検査が必要です。
腹部超音波検査(腹部エコー)
超音波で、腹部の内臓を見ます。
肝臓や腎臓の腫瘍や胆のうのポリープ、胆石などが、わかります。
眼底・眼圧
眼底の血管を見ることで、動脈硬化や高血圧の影響がわかります。
緑内障など目の病気もわかります。